スポンサーリンク

生理前になると甘いものが食べたくなるのはPMS?原因と対策

毎月やってくる生理、その前になると無性に甘い物が食べたくなったり、食欲が増進されたりすることはありませんか。もしそうなら、それはPMSかもしれません。

生理前になると甘いものが食べたくなるのは、どうしてでしょうか。その原因と対策について考えてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




生理前になると甘いものが食べたくなる原因

生理前になると甘いものが食べたくなるのはPMS?原因と対策

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

ホルモンの分泌は、生理周期に合わせて増えたり減ったりしています。その女性ホルモンのバランスが、頭痛、イライラなどの精神的な症状を起こしていると言われています。いわゆる月経前症候群(PMS)ですね。

月経前症候群というのは、生理の1週間前から生理前にかけて現れる症状のことを言います。この時期は、「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンが減少し、それが生理前のイライラや精神的不安の原因になっているとも考えられています。

通常、甘いものを食べるとセロトニンが増加しますので、月経前症候群の時期にあたる生理前に甘いものが食べたくなるのは、現象したセロトニンを補おうとしている、からだの反応だと考えられます。

また排卵日以降、黄体ホルモンが多く分泌され、体は妊娠に備えて栄養をためこもうとします。それに伴って、食欲が増え、甘いものが欲しくなるのかもしれません。



甘いものを食べるのは不正解それともNG?

aa125682f0a108555256163e4e30fd2d_s

生理前に甘いものが食べたくなるのは、体が欲しているからだということです。 とはいえ、生理前に甘い物が食べたくなったら、食べてもかまわないのでしょうか。

生理前の女性の体は、栄養を蓄えようとしています。そのため、普段に比べて脂肪を蓄えやすく、むくみも起こりやすい時期です。

そんな時に甘いものが食べたくなって食べてしまうと、短期間で体重が増えてしまうことになるでしょう。

確かに、甘いものを食べるとセロトニンが増加します。しかし、それで気分が落ち着くのは一時的なものです。甘いものを食べ過ぎて体重が増えてしまえば、それがむしえおストレスになってしまうでしょう。



甘いもの食べ過ぎると生理痛がひどくなる

PMS症状緩和に効くサプリメント「ルナベリー」

私たちの体内では、糖分を摂ると、血糖値が急激に上がり、またその後急激にさがります。そのため、体調不良を起こしたり、体温を下げてしまう可能性があります。その結果として生理痛がひどくなると思われます。

生理痛の原因になっているのは、「プロスタグランジン」という物質で、この物質が子宮を収縮させて経血を外に押し出す働きをしています。このとき、子宮を収縮する作用が大きければ大きいほど、痛みを感じるということになります。

血行が良くない状態では、プロスタグランジンが多く分泌され、子宮をより強く収縮させることにより血行促進させようとします。そのため、生理痛がひどくなる可能性があるのです。

また、糖分を分解する時には、体内のビタミンB群が消費されます。この、ビタミンB群は、女性ホルモンにもかかわりが深いことが分かっています。そのため、大量のビタミンB群が糖分の分解に使われてしまうと、その影響でホルモンバランスが悪くなり、生理痛がひどくなると言われています。



どうしても甘いものが食べたい時は

生理前になると甘いものが食べたくなるのはPMS?原因と対策

それでも、甘いものが我慢できないというときもありますよね。そのような時は、少量でも満足できるドライフルーツなどがおすすめです。ドライフルーツには、食物繊維や鉄分、マグネシウム、カルシウムなどが含まれていて、PMSの症状を緩和に効果があります。

甘いものと言うと、チョコレートを思い浮かべる人も多いと思いますが、チョコレートには血管を収縮させる「チラミン」という成分が入っています。そのため生理痛がひどくなる可能性もありますので、チョコレートは避けた方がいいでしょう。


こんな記事もよく読まれています

PMSの眠気やイライラ対策におすすめハーブティーやアロマ

チョコレートの食べ過ぎはPMSがひどくなるって本当?

PMS症状を緩和するための食事

生理前になるとぼーっとしたり集中力が落ちるのはなぜ?原因と予防法

生理前になるとイライラしたり、うつになるのはなぜ? PMSセルフチェック

サプリメントで行うPMS対策~サプリがおすすめな2つの理由