スポンサーリンク

チョコレートの食べ過ぎはPMSがひどくなるって本当?

生理前になると甘いものが食べたくなったりするのは、PMSの症状の現れだと言われています。どうしても甘いものが我慢できない時は、少量の糖分を摂ることは構いませんが、チョコレートはPMSや生理痛の症状悪くすることがあります。

チョコレートを食べ過ぎると、どうしてPMSがひどくなるのでしょうか。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




生理前に甘いものが食べたくなる原因

チョコレートの食べ過ぎはPMSがひどくなるって本当?

生理前に甘い物が食べたくなったり、食欲が大きくなるという人は多く、これは月経前症候群(PMS)の症状の一つです。

PMSは生理2週間前から始まりますが、この時期「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌が減少し、それがPMSの症状を引き起こすとされています。

チョコレートなどの甘いものを食べると、脳内でセロトニンが分泌されます。このためセロトニンが不足する生理前にチョコレートなどが食べたくなるんです。



生理前にチョコレートを食べても大丈夫?

チョコレートの食べ過ぎはPMSがひどくなるって本当?

生理前に甘いものが欲しくなったら、少量を食べても構いません。ただしチョコレートの食べ過ぎには注意が必要です。

チョコレートには、チラミンという成分が含まれていて、これは血行を悪くさせる作用があります。そのため、下腹部痛などの生理痛の症状がひどくなることがあります。

さらに、チョコレートを食べると、急激に血糖値が上昇し、その後また血糖値が下がります。このように、 血糖値が激しく上下することは、 体調不良につながり体温を下げるため、生理痛がひどくなります。

生理前に食べたくなったとしても、できるだけ糖分を摂り過ぎないようにしましょう。



どうしても甘いものが食べたい時

チョコレートの食べ過ぎはPMSがひどくなるって本当?

生理前に甘いものを食べるとしたら、ドライフルーツがおすすめです。ドライフルーツには食物繊維や、ビタミン、ミネラルが含まれていますので、これをゆっくりとかんで食べるようにしましょう。

反対に、白砂糖を使ったケーキやお菓子類は、なるべく避けるようにします。

また、チョコレートを食べたい時は、カカオ含有量が高いものを選ぶようにしてみてください。カカオ含有量が70%以上だと、「チョコレートを食べた」という満足感が感じられやすいので、少量のチョコレートでも満足することができます。




生理前に甘いものが食べたくなるのは、幸せホルモンを増やしてリラックス感を得たいという体の欲求でもあります。 自分の気持ちとうまく付き合って、 PMSや生理痛の症状が悪化しないように付き合っていきたいですね。


こんな記事もよく読まれています

PMSの眠気やイライラ対策におすすめハーブティーやアロマ

PMS対策に効果的と言われるチェストベリーってどんなハーブ?

サプリメントで行うPMS対策~サプリがおすすめな2つの理由

PMS症状を緩和するための食事

生理前になると甘いものが食べたくなるのはPMS?原因と対策